女性の薄毛の悩みは原因と予防を知ることが大切

  • harg治療の仕組み

    • harg治療は次世代の薄毛治療とも言われています。

      hargとはHairRe-generationtherapyの略で毛髪再生医療のことです。
      薄毛の状態というのは発毛サイクルの仕組みに関係あり、皮下にある幹細胞が毛髪を作り出すことを休止している状態です。



      言い換えれば眠っている状態であり、この幹細胞を起こすのがharg治療です。



      実際の治療の仕組みは、表皮と真皮の間にhargカクテルと呼ばれる治療剤をレーザーや注射によって注入する方法をとります。



      ここでhargカクテルの有効性の仕組みにについて説明します。
      hargは脂肪幹細胞から抽出されたAAPE(幹細胞抽出増殖因子蛋白)と毛髪の成長を促すといわれているビタミン類、アミノ酸等を配合したもので、これを効率的に皮下に届けることで頭皮をかつて毛髪が生えていた状態に再び戻すということで、これが毛髪再生医療と言われる所以です。harg治療は2006年に臨床が始まった治療で、日本医療毛髪再生学会会長である福岡太郎氏が開発、同学会の認定を受けて治療を実施している施設は全国に170余あります。メリットは副作用がない、アレルギー反応を起こさない、皮膚のトラブルがない、薄毛の原因や性別に関係なく効果が期待できるなどで、デメリットとしては治療回数と時間がかかり、痛みを伴うこともあり、また治療費も高額になることなどが挙げられます。



      1回の治療に1〜2時間、期間も半年から1年を要します。



      また治療費に関することをいえば頭全体を考えた場合、1回の治療費は10万円程度が必要になります。
      痛みに関しては状況に応じて麻酔の使用もできます。
      治療を受けた人は、もちろん個人差がありますが、概ね半年以内に変化が現れると言われています。



  • 関連リンク

    • 最先端の薄毛治療をご存知でしょうか。最近、薄毛の悩みは男性のみならず女性でも多くの方が抱えています。...

    • harg治療は次世代の薄毛治療とも言われています。hargとはHairRe-generationtherapyの略で毛髪再生医療のことです。...